はじめに

古来より瓦は、日本の文化として多くの家屋に使われてきました。粘土を一定の形に固め、かまで蒸し焼きにしたその土の固まりは、 時には美しく、時には機能的に多くの職人の手を経て進化し発展しつづけてきました。
瓦は寺院建築とともに中国から伝来し、主として、屋根を葺くのに用い、また、地面に敷きつめるのに使われてきました。 それを、日本人が、日本の風土に合うように手を加え、日本の文化の一つとして今に至ったのです。



Copyright (C) 2002 兵庫県陶器瓦工業組合 青年部. All Rights Reserved